• Japan IVO

Visit China : アブレーションの最新事情調査とACTA 2020 TOKYOプロモーション活動1

11月13日(水)から17日(日)まで、中国のアブレーションの最新事情の調査と来年開催するACTA 2020 TOKYOのプロモーションのため中国を訪問しました。今年は5回目の訪中になり、田中正俊先生(ヨコクラ病院)も一緒でした。

13日(水)は成田から上海に入り、中国高速鉄道で南京に移動しました。 駅構内に入る際に、中国人はIDカードを外国人はパスポートを提示する必要があります。空港と同様の厳しいセキュリティチェックがあり、身体は金属探知機でチェックされ、荷物はレントゲン検査を受けます。パスポートを提示してチケットを購入し、それぞれのゲートの前で並び、時間になりゲートが開くとチケットを改札機に通し、プラットフォームに降り乗車しました。約1時間半の乗車後、南京南駅に着きました。おそらく新しく開発された地区に造られた駅だと思われますが、駅の片側の出口から別の出口まで200~300mありそうな巨大な建物でした。

夜は南京の旧市街に行き、六朝松というレストランで夕食をとりました。

11月14日(木)の午前に南京市の新開発地区にある医療機器メーカーを視察しました。

椎名 秀一朗

(写真はクリックすると拡大します)


0回の閲覧0件のコメント