• Japan IVO

The 16th Chinese Forum on Development of Liver Diseases in Jinan, Chinaで講演を行うため中国の済南市(Jinan)を訪問しました

8月2日から4日までQiang Li教授の招待によりThe 16th Chinese Forum on Development of Liver Diseases in Jinan, Chinaで講演を行うため中国の済南市(Jinan)を訪問しました。Qiang Li教授は東大時代の友人です。済南市は人口700万人で山東省の省都です。

Prof. SK Sarin (Institute of Liver and Biliary Science, New Delhi) と私が海外からの招待者でした。Prof. SarinはSevere Alcoholic hepatitis: Stool transplant and other new therapiesというタイトルでsteroid, G-CSF, transplantation, stool transplant など、重症アルコール性肝炎の治療について講演しました。 私はAblation for liver tumor in Japan というタイトルで60分間講演しましたが、一文一文話す毎に通訳が中国語に訳してくれました。

その後の発表はすべて中国語のため私たちは会場を離れました。Vivian Lee 先生が色々と手配してくれました。彼女は東大医科研の加藤直也先生(現千葉大学教授)の研究室に留学していたそうです。Prof. Sarinがベジタリアンだったため、ベジタリアンレストランで昼食をとり、2時間ほど市内の泉を見て回りました。済南市の城内には「天下第一泉」と称される趵突泉をはじめ「七十二名泉」と呼ばれる水量の多く美しい泉水がありました。

椎名秀一朗


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.