• Japan IVO

APCCVIR(Asian-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology)

APCCVIR (Asian-Pacific Congress of Cardiovascular and Interventional Radiology) が4月21日から24日まで中国蘇州市(Suzhou)で行なわれ、椎名教授がinvited speakerとしてRFAに関する下記の3つの講演を行ない、Scientific program (Primary Liver Cancer-3)で座長を務めました。

Panel Discussion-1 (HCC-Advanced Techniques) Image-guided Ablation for HCC. Friday, April 22, 2016 ◇ Refresher Course-11 Radiofrequency Ablation for Liver Tumors. Saturday, April 23, 2016 ◇ Scientific program (Primary Liver Cancer-3) Radiofrequency Ablation for Liver Tumors- over 10 Year Experience and Future Perspective. Sunday, April 24, 2016

APCCVIRは米国のSIR (Society of Interventional Radiology) やヨーロッパのCIRSE (The Cardiovascular and Interventional Radiology of Europe) の年次総会に相当するアジア太平洋地域のInterventional Radiologyの学会です。このため、参加者数が5000人を超える大きな学会でしたが、参加者は、椎名教授以外は、日本のドクターも含めてほとんどすべて放射線科医でした。会場となったSuzhou International Expo Centerは蘇州市の北側に新しく開発された地域にあり、ホテルや展示場などと連結した複合施設を形成していました。近くには蘇州文化芸術センターや金鶏湖公園などもあり、中国の大型開発の一端を垣間見ることができました。

今回は、昨年秋に江蘇省研修医師団の一員として3ヶ月間私たちの教室に滞在したZhang先生(The first affiliated hospital of Soochow University)や順天堂大学の大学院で勉強中のZuofui先生の案内により蘇州市の市内を観光することができました。

(写真はクリックすると拡大します)


DSC_0251
DSC_0248
DSC_0309

DSC_0249
DSC_0256
20160427223523550_0001

DSC_0265
DSC_0319
DSC_0369

DSC_0352

0回の閲覧0件のコメント