top of page
  • 執筆者の写真Japan IVO

APASL STC Nagasaki 報告

The Asian Pacific Association for the Study of the Liver (アジア太平洋肝臓学会)の Single Topic Conference Nagasaki が4月10日(月)から12日(水)まで長崎で開催されました。長崎医療センターの八橋弘部長がPresident、椎名教授が Vice President を務めました。椎名教授はinvited speaker として”Radiofrequency Ablation” の講演を行ないました。また、Welcome Reception および Presidential Dinner ではcongratulatory speech を行ないました。1年後に迫った、椎名教授がPresident を務める APASL STC Yokohama (2018年5月11日~13日)について広報し、長崎から横浜へ、いよいよ本格的に準備がスタートしました。 

また、椎名教授、今井先生、永松先生、高和先生、佐藤先生、清水先生、金澤先生がそれぞれ以下の演題を発表しました。

椎名 秀一朗 教授椎名 秀一朗 教授今井 康晴 先生LECTURE:

Radiofrequency AblationUsefulness of Radiofrequency Ablation Training Program for Liver TumorsThe Close Linkage between the Elasticity Modulus Measured by 2D Shear Wave Elastography and the Presence of Hepatocellular Carcinoma in Patients with a SVR to Interferon for CH-C

永松 洋明 先生高和 正 先生佐藤 公紀 先生Prognosis in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma Involving Vascular InvasionInterventional Oncology (IVO) Suite at Juntendo University, New RFA Treatment RoomAnalysis of Factors for Respiratory Depression and Severe Body Movement in Radiofrequency Ablation under Deep Sedation

清水 基規 先生金澤 亮 先生Efficacy of Tolvaptan for Refractory Ascites in Cirrhotic Patients with Hepatocellular CarcinomaLusutrombopag pretreatment for radiofrequency ablation

(写真はクリックすると拡大します)


閲覧数:0回0件のコメント

Kommentare


bottom of page