• Japan IVO

APASL 2018報告(第4日目)

3月17日は、お昼にHepatology Internationalの editorial board meetingがありました。 また、「Young Investigator award paper (clinical)」のセッションで座長を務めました。6名の先生が受賞しましたが、日本のTakuya Seike先生もその1人でした。 さらに、「Intervention Radiology in Liver Tumours」のセッションで「Small HCC: How to choose among different ablative procedures」の講演を行いました。

夜は、19時30分からdinnerとのことでしたが、時間どおりに行っても何も始まりません。その後1時間ほど経ち、バンドの音楽が大音響で始まり、踊り始める人もいましたが、私は音が大きすぎるため、部屋から出て、建物からも出て、中庭で知人と話をしました。 食事が始まったのは22時でした。

椎名秀一朗

(写真はクリックすると拡大します)


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.