• Japan IVO

3rd International RFA training program を終了しました

10月11日(火)から15日(土)までの5日間のinternational RFA training program が終了しました。

今回のトレーニングプログラムも今までの国内版、国際版のトレーニングプログラムと同様、lecture、live demonstration、case studyの3つが柱となっていますが、今回はこのプログラムがどの程度効果的に機能しているのかを評価するために初めてpretest、posttestを実施しました。さらに、これまではプログラム終了後のみアンケート調査をしていましたが、今回はプログラム開始前にもアンケート調査を行いました。「ラジオ波焼灼術等の低侵襲治療のための効果的なトレーニングシステムの開発」に対して科学研究費が交付されていますが、これらの試みはその研究の一環として医学教育研究室の武田裕子教授から提案してい ただいたものです。

参考リンク:「ラジオ波焼灼術等の低侵襲治療のための効果的なトレーニングシステムの開発」に対し科学研究費が交付されることになりました

今回のプログラムにはTATA (Taiwan Association of Tumor Ablation) などで活躍している経験豊富な先生方も参加しており、その先生方からライブデモンストレーションに関して、「難しい症例ばかりを選んだのか」との質問も出ました。私たちは日常診療を見せることがよいという考えなので、症例の選択は行っていません。人工腹水や人工胸水、造影超音波ガイド、fusion imagingガイド等を日常的に実施している(順天堂ではこれらのテクニックをそれぞれ45%、7%、57%、54%の症例で使用している)ことにも驚いていました。 また、「プランニングを綿密にやっているのにびっくりした」「治療前後のCT画像などの評価で、血管を1つ1つ同定して厳密に評価しているのには驚いた」などの感想もありました。「朝8時15分に集合して夜まで続くプログラムはハードだった」、との感想もありました。

受講者にとっても私たちにとっても今回のinternational RFA training programは 有意義で学ぶべき事の多い5日間となり終了しました。

(click to enlarge image)




0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.