• Japan IVO

3-day observership: welcome dinner

初日の夜にはObservership programに参加した4 名のドクターを囲んでWelcome Dinnerを行いました。

当初はInternational training programとして参加20名での実施が決定していましたが、新型コロナウイルスの流行により中止とし、急遽変更してObservership programになりました。

COVID-19 については参加した4名のそれぞれの国の対応がありミャンマーの消化器内科医は、「ミャンマーでは発症者はおらず、日本への渡航制限もなかった」と話していました。ところがシンガポールの2名の放射線科医は、「日本への渡航を禁止している病院もあるが、自分たちの病院は渡航を認めてくれたのでラッキーだった」とのこと、そしてタイの消化器内科医の話は「日本への渡航を自粛するようにとの政府からの勧告もあり、帰国したら2週間は就業禁止になる」ということでした。

和食レストランで行われたWelcome Dinnerでは椎名教授の挨拶に続き、受講者各自が自己紹介を行ない、恒例の質問(IVO室の印象や、東京の印象、このobservershipにどんなことを期待するかなど)に答えてもらいました。このような企画は技術及び知識の習得が主な目的ですが、一方で日本と海外の垣根を超え、低侵襲治療に興味のある医師同士の交流を深めることも大きな目的の一つと考えています。

このひと時も交流を深め各々の情報を交換しあう参加者全員にとって有意義な時間となりました。

On the evening of the first day of the observership, we held a welcome dinner for the participants in a Japanese restaurant close to Juntendo. 4 doctors from 3 countries were present.

Even though from the 4 doctors from Singapore enrolled initially in the training program  2 doctors had to cancel their visit , we are glad that the other 2 doctors could still come as observers.  Also because of the coronavirus crisis, the participant from Thailand will have to stay away from work for 2 weeks after his return from Japan. Only the participant from Myanmar could come without problem as there is no case of the coronavirus in his country.

For the participants, it was the opportunity to exchange (about their expectations for the program,  about their impression of Tokyo), to get to know each others , and to enjoy typical Japanese food in an authentic atmosphere. The main objective of the observership might be the transmission of knowledge and techniques, but another important objective is to facilitate exchanges between doctors equally interested in minimally invasive treatment.

In this sense, this was a very fruitful evening, presaging of an even more fruitful observership to come.

(写真はクリックすると拡大します)(Click to enlarge the pictures)

0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.