• Japan IVO

霜月の会 2017

順天堂大学消化器画像診断・治療研究室には、11月20日から12月1日まで北京大学のYijia Zhang先生が滞在しています。 Zhang先生にはラジオ波焼灼術を中心に学んでもらっています。短い期間ではありますが、できるだけ多くの事を学び帰国してほしいと思います。

Zhang先生の歓迎会を兼ねて久しぶりに情報交換のための集まりを開きました。 久しぶりの会であったため、遠藤シェーラ先生(インドネシア大学卒)、小尾俊太郎先生(帝京大学ちば総合医療センター)、岡田直美先生(放射線医学総合研究所病院)、谷木信仁 先生(慶應大学)、裵成寛先生(東京大学医学部附属病院 臓器移植医療部)、成本壮一先生(国立成育医療研究センター)、三神信太郎先生(国立国際医療センター)など日頃合うことのできない先生方も参加し、有意義な情報交換会となりました。

以下はZhang先生から寄せられたメッセージです。

It is really an honor for me to attent this party. I have learnt a lot after arriving at Juntendo University Gastroenterological Imaging and Interventional Oncology Department, and was impressed by the techniques using in the radiofrequence ablation. Also professer and all the doctors kindly treated me and explained a lot to me. This observation program boardens my horizon and I would like to visit Juntendo University again if there is a chance.

この2週間は誠にお世話になっておりました。本当にありがとうございます。

          Yijia Zhang 张伊佳


0回の閲覧0件のコメント