top of page
  • 執筆者の写真Japan IVO

第7回RFAトレーニン​グプログラムを実施しました

 国内版の第7回RFAトレーニングプログラムを2016年3月18日(金)、19日(土)に実施しました。今回も全国各地から13名の先生方の参加がありました。今回のスタッフは、当院のスタッフの他に外部講師を東京大学の建石良介先生、NTT東日本関東病院の寺谷卓馬先生に依頼しました。 2日間のプログラムは lectureとlive demonstration、case study の3つで構成されています。 Lecture の内容は「RFA機器」、「超音波機器」、「RFAの適応・合併症」、「RFAにおける看護師の役割」、「転移性肝癌のRFA」、「RFAー実績と展望」などでした。Live demonstration としては、まず初日にRFAを予定する症例のプラニングと超音波検査(受講者にも実施してもらい体位変換の重要性などを理解してもらっています)を行ない、翌日はRFAを見学してもらいました。Live demonstrationでは人工腹水や人工胸水作成、fusion imaging、造影超音波ガイド下RFAなどの手法を示しました。Case studyでは、RFA困難と思われる症例を各施設から持ち寄ってもらい、それを全員で検討し議論しました。また、初日の晩には情報交換会を行ないました。

今回は、写真撮影以外に動画撮影も行ないました。編集終了次第、公開したいと思います。

(写真はクリックすると拡大します)


DSC08295Live demo

 第7回ラジオ波焼灼術(RFA)トレーニングプログラム スケジュール3月18日(金曜日)14:00開会式およびRFAトレーニングプログラムの紹介B棟4階記録室椎名秀一朗(画像診断・治療学)14:30講義「RFA機器説明」B棟4階記録室センチュリーメディカル14:50講義「超音波検査機器説明」B棟4階記録室GEヘルスケア15:10講義「RFAにおける看護師の役割」B棟4階記録室田島知子(看護部)15:20講義「RFAの適応・合併症」B棟4階記録室建石良介(東京大学)16:00休憩および移動16:10症例レビュー・自由討論 症例プランニング・超音波検査見学(実地臨床見学)B棟18階RFA治療室佐藤公紀・清水遼・林学 (画像診断・治療学)17:40休憩および移動17:50各施設から持ち寄ったRFA困難症例の検討会B棟4階記録室18:30終了19:30情報交換会(懇親会)3月19日(土曜日)8:30RFAライブデモンストレーション (実地臨床見学)B棟18階RFA治療室椎名秀一朗・佐藤公紀・清水遼・林学(画像診断・治療学)12:30昼食 / 各施設から持ち寄ったRFA困難症例の検討会B棟4階記録室13:30講義「転移性肝癌のRFA」B棟4階記録室寺谷卓馬(NTT東日本関東病院)14:10休憩14:20各施設から持ち寄ったRFA困難症例の検討会B棟4階記録室15:00講義「ラジオ波焼灼術(RFA)について」B棟4階記録室椎名秀一朗(画像診断・治療学)15:40術前術後の画像評価 #B棟18階RFA治療室16:00ラップアップ(集合写真撮影・修了証授与など)B棟18階RFA治療室16:30終了

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page