• Japan IVO

第14回国内版IVOトレーニングプログラム情報交換会

第14回国内版IVOトレーニングプログラム初日の夜は、恒例の情報交換会を行いました。 Ablationにかかわる医師同士のネットワーク構築もトレーニングプログラムの目的の一つであり、それを促進するために情報交換会を毎回実施しています。

椎名教授の乾杯の言葉に続き、しばらくは当科の先生方や全国各地から集まった受講者同士による歓談の時間となりました。お互いにこれまでのablationの経験や本日の印象などを中心に色々な話をしていました。 その後、恒例の四つの質問の時間となりました。これは自己紹介の後、紙に書かれた四つの質問の少なくとも一つには答えなくてはいけないというものです。 今回はさらにACTA 2020に関する2つの質問も追加し、来年10月9日(金)から11日(日)に当教室が紀尾井カンファレンスで主催するACTA 2020 TOKYOへの協力をお願いしました。

和やかな中にも二日間のトレーニングプログラムへの熱意が感じられるパーティーとなりました。

At the end of the first day of the 14th Domestic IVO training program, Prof. Shiina and the participants gathered around a delicious dinner in an Italian restaurant.

After a short self introduction, the training participants were handed a printed paper with the training program traditional four questions:

“What is your impression of the IVO Suite? What is your impression of Tokyo or Ochanomizu?” “What is your impression after participating to the program today? What differs between your method and Juntendo method?” “What are the future possibilities for RFA and MWA in your opinion?” “What is needed for young doctors to take interest in RFA and MWA?”

Participants were invited to answer to at least one of them, rising many interesting opinions and ideas.

They also talked about their plans for ACTA 2020 TOKYO.

The main objective of the training program might be the transmission of knowledge and techniques, but another important objective is to facilitate networking among doctors equally interested in minimally invasive treatment. In this sense, this was a very fruitful evening, presaging of an even more fruitful Training Program to come.

(写真はクリックすると拡大します) (Click to enlarge)


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.