• Japan IVO

神楽月の会2016

順天堂大学消化器画像診断・治療研究室では、11月7日から11月21日までRepublic of Kazakhstan(カザフスタン共和国)よりDr. Niyaz Malayev(ニアズ  マラーエフ先生)が短期研修生として滞在しています。短い期間ではありますが、Dr. Niyaz Malayevにはできるだけ多くの事を学び帰国してほしいと思います。また、新しく医局の秘書として服部 潤子さんが加わりました。そこで二人の歓迎とともに日頃の情報交換の場になればと『神楽月の会2016』を行いました。

Dr. Niyaz Malayevは、National Scientific Center of Oncology and TransplantationにおいてRFA導入後1年間で15例のRFAを実施しているとのことです。これまでRFAの勉強にリトアニアと韓国に短期研修に赴き、リトアニアでは1か月間滞在し7例、韓国では3週間滞在し2例のRFAを見学したとのことです。順天堂では約2週間の滞在でおそらく30数例のRFAを見学できると思います。日本は症例も多くRFAのレベルが高いと感じているとのことです。また、RFA以外にも血管造影等も見学しています。


カザフスタン共和国は、日本の7倍の国土面積を持ち、人口は1800万人で、大陸性気候であり、夏は40度に冬はマイナス40度になるとのことです。石油その他の天然資源が豊富なため財務状況は良く、来年はNanoknifeやphotodynamic therapyなども導入予定とのことです。また、医師の給与は高くはないが、病院から150㎡のアパートを提供されているとのことです。

(写真はクリックすると拡大します)


DSCF5069
DSCF5076
DSCF5078
DSCF5091
DSCF5081
DSCF5082
DSCF5084
DSCF5086
DSCF5087
DSCF5126
DSCF5129
DSCF5144

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示