• Japan IVO

永松 洋明先生が当教室に加わりました。自己紹介文を掲載します

永松 洋明先生が当教室に加わりました。自己紹介文を掲載します。

2017年4月より順天堂大学大学院医学研究科画像診断・治療学講座で勤務させていただくこととなった永松洋明と申します。

九州で進行肝細胞癌に対する血管造影を用いた治療を中心におこなって参りましたが、このたび伝統ある東京の順天堂大学で診療を行える機会を与えていただいた椎名秀一朗教授をはじめ諸先生方に深謝いたします。順天堂大学で診療できる喜びとともにその責任感をかんじており、みなさまのご期待にそえるように努力していく所存です。

進行肝細胞癌に対する治療は、世界的にエビデンスのある治療としてはソラフェニブという分子標的治療薬が知られています。しかし、本邦では脈管侵襲のある肝細胞癌に対して肝動注化学療法が行われてきた歴史があり、本邦の肝細胞癌に対する治療アルゴリズムにも記載されています。私は、医師として26年目となりますが、肝細胞癌に対する血管造影を用いた治療に没頭してきました。現在までの治療件数は約8000件です。とくに進行した肝細胞癌、ステージ3、4に対する肝動脈塞栓術、肝動注化学療法を中心におこなってきました。ステージ4の状態に対する肝動注化学療法においては、私が考案した治療法は効果が得られると長期生存が可能となっております。「治療法がない」「余命が数か月」と言われた患者さんに対しても最善をつくし生存期間の延長を目指します。一般的に局所治療(ラジオ波焼灼術)や肝切除不能と考えられる癌種も肝動注化学療法により小さくし、個数を減少させることができれば局所治療可能となります。

椎名教授のご指導のもと、どのような患者さんにも治療の希望がもてるような診療を目指していきたいと考えております。私は関東におきましてはゼロからの出発になりますので、みなさまのご指導、ご支援を賜わることができれば幸いです。よろしくお願いいたします。

永松 洋明

0回の閲覧0件のコメント