• Japan IVO

文藝春秋6月号の特集記事について

この特集は「名門病院の危機 慶應大学病院の失墜 ~順天堂に並ばれた私学の雄」と題して、両大学病院を、病院施設、年間外来患者数・入院患者数、受験倍率 ・偏差値、研究力(臨床研究・基礎研究)で比較し、各項目において順天堂の躍進を示す内容になっています。

記事中には順天堂躍進の大きな要因として、小川秀興理事長の経営改革、組織改革と学閥を排した外部人材の招聘が挙げられています。具体例として心臓血管外科の天野篤教授の活躍に加えてラジオ波焼灼術の椎名秀一朗教授、肝臓外科の川崎誠冶教授の名前が挙げられています(209~210頁)。

文藝春秋6月号「慶応大学病院の失墜―順天堂に並ばれた私学の雄」

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.