• Japan IVO

当科では見学や研修は随時受け付けています

水戸医療センターの下山田雅大先生がRFAを見学するため2日間訪問しました。

下山田先生は、昨年10月、本年2月のRFAトレーニングプログラムに参加していますが、もっとRFAを学びたい、とのことで見学に来ました。今後は月に1回程度研修に来たいとのことです。当科では見学や研修は随時受け付けています。

なお、11月にInternational training programを開催するため、国内向けのトレーニングプログラムは今年はもうありません。来年1月か2月に実施予定です。

追記

下山田先生から見学記が送られてきましたので、掲載させていただきます。

“茨城県にあります国立病院機構水戸医療センター消化器内科の下山田 雅大と申します。

以前椎名先生が主催されておられますRFAトレーニングプログラムに参加させて頂きいましたご縁もあり

今回2日間の教室見学ならびに実際のRFA治療の見学を行なわせて頂きました。

 2日間にわたる見学の中プランニングから治療、画像カンファレンスと勉強させて頂きました。

病棟、外来、治療と忙しく診療されておられる中実際の業務や施設の案内等もしていただきありがとうございました。

 教室の雰囲気も非常に穏やかで、加え活発な議論 がありお一人お一人の先生方のRFAに対するさまざまな意見が聞け良かったと思います。

 私も自院にてRFAを行い治療を行っております。しかし独力ではさらなる技術の向上が難しいと考え今回見学を希望しました。

やはり日本一の症例数、また治療困難例を引き受けておられる教室であり、椎名先生の技術、考え方はもちろんでありますが

教室に属する自分と同年代の先生方の技術にも非常に感銘を受けました。

 今回2日間という短い期間ではありましたがさまざまなことをご教授頂き大変ありがとうございました。

 自院にての治療に役立てていきたいと思います。

また機会がありましたら是非御一緒に勉強させていただけましたらと思います。

 このたび は大変ありがとうございました。

                       水戸医療センター 消化器内科 下山田 雅大”

(1枚目の写真左から、Dr.椎名、Dr.Zhang、Dr.林、Dr.下山田、Dr.清水)


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

©2020 by Japan Ablation Webinar.