• Japan IVO

弥生の会 2016

この度、イタリアのGiulio Visciola先生が短期研修生として順天堂大学画像診断・治療学に約2週間滞在するため、歓迎とともに日頃の情報交換の場になればと『弥生の会2016』を実施しました。

Giulio Visciola先生には、順天堂のRFAからできるだけ多くのことを学んでイタリアに持ち帰っていただきたいと思います。

また、4月から清水遼先生が和歌山県立医大へ、林学先生が福島県立医大へ戻ります。

清水先生は2年間在籍し、よく頑張っていました。この間には公私ともに記憶に残る出来事があったと思います。誰もが好感を持つ清水先生のキャラクターは高く評価されました。和歌山に戻ると高野山に数カ月間派遣されるような状況も予想されるようです。しかし、Adversity makes a man wise(艱難汝を玉にす)という言葉もあります。病気に苦しむ人々を1人でも多く救えるよう、修行を続けるよう期待します。

林先生は1年間の在籍でした。1例1例を大切にして1年間で着実に実力を付け、RFAの技量は東北地方ではベスト3に入れるまでになったと思います。福島に戻れば症例数や環境などで苦労もあるかもしれませんが、この教室での1年間と同様あるいはそれ以上の研鑽を続け、RFA技術の向上を目指して欲しいと思います。

弥生の会には昨年4月から半年間、順天堂でRFAの研修をした畑中健先生も群馬から参加しました。畑中先生は、ACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) の Education committee の日本の委員となり、今後は国際的にも活動していただくことが決定しています。


各先生のさらなる活躍に期待するとともに、引き続き当医局では肝癌のラジオ波焼灼術や胆膵領域においてさらなる発展を目指し、確かな実績を残すべく努めていく所存です。

今後ともよろしくお願い致します。

弥生の会写真
image2
0回の閲覧0件のコメント